サイズ調整

Pocket

実際につけてみて、後頭部にブカブカした空間ができているとか、土台が、首の所にたるんで溜まっているとか、ウィッグが上にずり上がってくる、 こめかみの部分が浮いているという事態が、医療用ウィッグでは頻繁に起こってしまうようです。

そのような問題とどのような向きあえばいいかということです。抗がん剤で脱毛した人は、全部髪の毛を失ってしまう場合もあり、そのような人たちは、サイズ調節を相当意識しなければ、 髪がある時とない時で2~3センチも頭の大きさが違うということをイメージしづらいかもしれないですよね。

帽子の、SサイズとLサイズ程度の違いがここにあると考えていいです。ですから、医療用ウィッグを作ったときには、ピッタリサイズだったのが、実際につけてみれば、プカプカだったということも容易に起こってしまうことになります。このような医療用ウィッグに対しての向きあい方をしていれば、スルスルずれてしまうのも当たり前という感じではないでしょうか。そのような医療用ウィッグをつけていたら、相当気分もめいってしまうのではないでしょうか。だからこそ、医療用ウィッグはサイズ調節しなければならないという意識を持って向きあう必要があります。